忍者ブログ
かつて痔の手術で切れ痔といえばLSIS法というこの切れ痔の手術は非常に簡単で、数分で済みますし、入院する必要もありません。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

痔の手術

 痔の手術といってもその部位、症状によって痔の手術は異なりますたとえば、痔核の手術にはさまざまな方法があり、今まで一般的に行われてきたのは結紮切除法ですが、最近ではPPH法が用いられるようになっています。このPPH法とはPPHと呼ばれる機器をつかって手術します。

一方、痔の手術で切れ痔の手術法にSSG法がありますが、これは同じく切れ痔の手術として行われるLSIS法では効果のない方が受ける手術です。LSIS法は狭くなった肛門に切れ目を入れることで肛門を広げ便を出やすくするという手術でした。

また、痔ろうの手術は、痔ろうの管を摘出する切開開放術式が多く行われます。この方法では痔ろうの管を摘出するので、再発が少ないです。痔ろうの管を取り除きあとは自然に治るようにフォローします。

 また、出血の量に不安を感じるなどのときは迷わず病院へ行き手術を受けましょう。
痔核の手術のPPHと呼ばれる機器をつかって手術を行うPPH法は患者の側からすれば、メスを使わないし痛みのない手術と言うことで喜ばれている手術法です。

・・・・


<スポンサードリンク>


PR
痔の手術

痔の手術で内痔核は悪化すると健康な粘膜までが一緒に出てしまうようになります。
この緩んで下がった粘膜をPPHという機器で上に持ち上げ、緩んだ分の切除と縫合をします。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

 

かつて痔の手術で切れ痔といえばLSIS法というこの切れ痔の手術は非常に簡単で、数分で済みますし、入院する必要もありません。切れ痔は便秘などにより硬くなった便を無理やり排便するときに肛門が切れてしまう症状です。この手術は肛門にほんの少しの切れ目を入れるものです。そのことにより、肛門を少し広げてやります。ところが、このように切れ目を入れただけでは有効ではない場合、つまり肛門がもっと極端に狭い場合は、SSG法をとることになります。
手順としては、長年の切れ痔で潰瘍となった部分を除いて、他から皮膚を移動させて、肛門を広くします。
こちらの手術も要注意点として、LSIS法と同じく肛門を広げる加減に高い技術が必要です。

 ですから、要注意なのは狭かったはずの肛門が広がりすぎたということのないように、どの程度の切れ目を入れるかによって的確な判断のできる医師にお任せすることです。

 

・・・・

痔ろうの手術

 痔ろうの手術はどのような手術でしょうか。まず、痔ろうは自然になおることはありません。前節でも説明いたしましたが、切開開放術式で痔ろうの管を摘出する手術が多く行われるということでした。痔ろうの手術は最近では症状が悪くなければ日帰りで手術できるところもあるので、痔の手術のために入院ができないと思われる方は、悪化しないうちに日帰り手術をしている病院を探してみるといいでしょう。

 この方法では痔ろうの管を摘出するので、再発が少ないです。痔ろうの管を取り除きあとは自然に治るようにフォローします。すっかり完治するまでには1ヶ月くらいかかると思われますが、日常生活に大きな支障はなく、軽い人なら退院して次の日から家事などもされます。

さて、痔核の手術に話を戻しますが今日では、症状に合わせてPPH法と結紮切除(ミリガンモルガン法)を組み合わせての手術も行われています。今まで一般的に行われてきたのは結紮切除法ですが、最近ではPPH法が用いられるようになっています。

痔の手術の方法については、病院でお医者様と十分相談して納得の上、手術を受けるようにしましょう。



<スポンサードリンク>


・・・・

| top |
|
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
<スポンサードリンク>
プロフィール
HN:
GENROQ
性別:
非公開
自己紹介:
痔の手術といってもその部位、症状によって痔の手術は異なります
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny